本文へスキップ

KNSのPC相互研修会は、パソコンに関して互いに教え・教わる勉強会です。

〒586-0041 河内長野市

メール2016.10 現状

2016.10.30

 Windows 10 は、2015年7月29日にリリースし、2016年8月2日からアニバーサリーアップデートも配信され、多くの人が既に快適に使用されているようです。市販のパソコンの殆どはWindows 10 に変わってきました。
 しかし、メールアプリに関しては、Windows 10 メールが新しく登場してきたのですが、これはモバイルマシン向けのような感じで、今まで多くの人が使っていたものに較べ、パソコンでは満足していない人が多いように感じられます。そこでこのページでは、日本でのメールに関するサポートや説明事項を記載するサイト・ページのリンク集を作成して、これからどのように対応するのかを考える材料にしてはと思い、このページに記載しました。このページは2016.10.末現在のものです。

1.メールの基礎
 メールは郵便、パソコン、スマートフォンなどを使って文字情報その他を伝えたい人あてに送り届けるものです。この項ではパソコンを使ってメールを取り扱うことについて、基礎の要点を記載しました。

a.記入形式
 文字装飾等なしの「テキスト」対応と文字書式その他を扱える「HTML」対応があります。昔は安全のため、「テキスト」にしなければならないという人が多かったものですが、現在は「HTML」対応が多用され主流になっています。

b.メールソフト(メーラーと呼ばれます)を使うかどうか
 多くはメールソフトが使われています。他人のパソコンで自分のメールを扱いたい場合や、メールソフトになじめない人はWebメールを使っています。Web メールはブラウザーだけで扱えます。但し、メールソフトを通常使う場合も、最初の迷惑メール対策設定や、時々正常メールが間違って迷惑メールになつていないかを点検することが望まれます。

c.POPとIMAP
 メールソフトを使う場合に、POPとIMAP の二通りあり、通常どちらか一つを指定して使います。POPとIMAP の相違は以下に示します。

c1.POP方式(普通はこれを利用している人が多いです。最新バージョンは3で、POP3と示されます。)
 一度受信したメールはパソコン内に保存され、デフォルト設定では、サーバーから削除されます。パソコンやスマホなど、2台以上で受信する場合は、全てのパソコン上で「サーバーに残す」の設定をすることで、受信簿のみを同期させることができます。図で示すと次のような相違です。


POP方式のメリット
基本的に受信後はサーバーから削除されるので、受信パソコンが1台の場合はサーバーにメールが溜まりません。(容量の心配はありません) また、「サーバーに残す設定」をしていても、定期的にサーバー内を整理整頓できます。

POP方式のデメリット
送信メールが同期しません(現代では致命的です)。2つ以上のパソコンで「サーバーに残す」設定をしていても、同期するのは受信簿のみ(実際には同期というよりも同じものをダウンロードしているだけ)です。送信メールは送信したパソコン内だけに保存されるので、別のぱそこんの送信簿では見られません。送信メールを別のパソコンにも保存するには、送信メールを「自分宛」にも送って、別のパソコンの受信簿で送信メールを受信するといった、後で非常にややこしくなる作業が必要になります。

c2.IMAP方式(現在のバージョンは4で、IMAP4)
 全てのメールはサーバー上にあり、削除しない限り削除されません。但し、容量を超えると、古いものから削除されていきます。

IMAP方式のメリット
送受信簿、ゴミ箱、下書きの全てが、全てのパソコンで同期します。また、一つのパソコンで「既読」にしたメールは、他のパソコンでも全て既読になり、一度読んだメールが新着メールになることはありません。その逆も同じで、一つのパソコンで「未読」に戻せば全てのパソコンでも未読になります。

IMAP方式の
デメリット
メールは消さない限りサーバーに残り続けますので、特にサーバー容量が少ない場合などは定期的な削除が必要になります。また、消したものは全てのパソコンでも消されるため、PC内などにちゃんと保存する際は、「改めてPOPでアカウントを登録し、全て受信してからサーバー内をまっさらにする」という作業が必要になります。


d.添付ファイル
 メールにはファイルを添付して送れるので、情報の交換が効率的になります。一方、セキュリティ上の対策や配慮が必要となります。


2.メールソフト提供者のサポート状況
a.Windows10メールアプリ
「Windows10メールアプリ」についての記載はありません。
「Windows10」の延長サポート終了日は、2025/10/14です。
Windows 10 Home のライフサイクル
Windows 10 Pro のライフサイクル

b.Windows Liveメール
マイクロソフトは2017/1/10にWindows Liveメールのサポートを終了します。
Windows Essentials に記載されています。(Windows Live メールはWindows Essentials で提供されているものです)

c.Microsoft Outlook
次のサイトに記載されています。
Microsoft Outlook のライフサイクル
Microsoft Outlook 2010の場合で、2020/10/13です。




3.メールサービス提供者のメール設定説明
メールのユーザーは、使い易いものを求めます。それは設定するときにやり易いかどうか、すなわち説明してあるかどうかが一つの判断になります。この項では、OSがWindows で、メールサービスが比較的多く利用されているものについて、どのように説明されているかを見るために、リンク集を記載しました。これはシステムが対応しているかどうかの意味ではなく、説明されているかどうかを見るためのものです。説明されているものは、間違いが少なく使用されているのに対し、そうでないものに、間違いや迷惑なメールが見受けられるので記載しました。

a.eo メール
 メールソフトの場合 http://support.eonet.jp/setup/mail/ に詳細が示されています。
 Webメールの場合は先ず http://eonet.jp/ にアクセスし、

ここで、「eoWEBメール」をクリックすると、次図が現れまする

ここで、メールアドレスとそのパスワードを入力し「ログイン」ボタンをクリックすれば、次図のようにメールを扱える状態になります。

詳しくは eoWEBメールについて知りたい。 をご覧ください。



b.Yahoo BB メール
 メールソフトの場合 http://ybb.softbank.jp/support/connect/mail/ に詳細が示されています。
 Webメールの場合は先ず、Yahoo Japan のページを見ます。次図です。

ここで、5列表示の左から4番目の列に「ログイン」と表示されている箇所があります。ここをクリックすると、現れる画面の右に次図があります。

ここで、YBB アカウント(指定するメールアドレスの@よりも左側文字列)とそのパスワードを入力して「ログイン」すれば、次図となり、

「メール」の文字部をクリックすると、次図のようにメールが扱えるようになります。

使い方の詳細は、Yahoo!メールヘルプ をご覧ください。


c.plala メールソフト設定方法(Windows)
 メールソフトの場合 https://www.plala.or.jp/support/manual/mail/win/ に詳細が示されています。
 Webメールの場合先ず、plala のページを見ます。次図です。

このページで、右上又は左下にある「Webメール」をクリックして、

メールアドレスとそのパスワードを入力し、「ログイン」するとWebメールの使用状態となります。
メールについての説明は、メールの使い方・設定方法 をご覧ください。



d.@nifty メールの設定
 メールソフトの場合 http://support.nifty.com/support/manual/mail/ に詳細が示されています。
 Webメールの場合 @nifty のページを見ます。次図です。

ここで「メール」をクリックすると、次図となります。

ここで、@nffty のID(メールアドレスの@より左の部分)とそのパスワードを入力して、「ログイン」すれば、Webメールの使用状態になります。

メールについての説明は、メールの設定(上記と同じです) をご覧ください。


e.Biglobe メールソフトの設定方法(Windows)
 メールソフトの場合 http://faq.support.biglobe.ne.jp/faq_detail.html?id=11432 に詳細が示されています。
 Webメールの場合 http://www.biglobe.ne.jp/ にアクセスし、

ここで、右上にある「メール」をクリックすると、次図が現れます。

ここで、メールアドレス又はユーザーIDとそのパスワードを入力して、「ログイン」すると、Webメールの使用状態になります。



f.Gmail
 Gmail(Gmail for Work) Gmailとはどんなのかを説明しています。これはWebメールです。
 Gmail の使い方 使い方を説明しています。
 受信メールアカウントを追加 アカウントの説明です。
 最初にアクセスするのは https://accounts.google.com/b/0/AddMailService です。


g.さくらネット
 メールソフトの場合についての説明は次行です。
 レンタルサーバ(ライト・スタンダード・プレミアム・メールボックス)メールソフトの一般的な設定方法



以上、メールソフトの設定は慎重にしなければなりませんが、その説明については、メールサービス提供者によりそれぞれで、結構古いものも説明していて、新しいものは未だという感じです。次に上記の説明サイトの内容を表にまとめてみました。メールサービス提供者が説明すべきと考えているメールソフトは、割合限定的です。
メールソフト設定法の説明状況(Windows) 2016.10現在
POP
eoメール Yahoo BBメール plalaメール @niftyメール Biglobeメール
Windows10メールアプリ - -
Windows Liveメール 2012
2011
2009
2011
2009
2012
Windows8メールアプリ - - - -
Windowsメール Vista専用 6
Outlook 2016
2013
2010
2007
2003
2002
2000
2013
2010
2007
2003
2002
2000
2010
2007
2000
2013
2010
2016
2013
2010
2007
Outlook Express 6.0
5.5
5.0
6 - -
Becky! 2 - 2 -
Netscape Mail 7.1 - - - -
Thunderbird 17.0〜9.0
8.0〜5.0
3.1.7
3.0
2.0
1.5
1.0
- 3 - -
IMAP
eo メール Yahoo BBメール plalaメール @niftyメール Biglobeメール
Windows10メールアプリ -
Windows Liveメール 2012
2011
2011
2009
2012
Windows8メールアプリ - - -
Windowsメール Vista専用 6
Outlook 2016
2013
2010
2007
2013
2010
2007
2003
2002
2000
2010
2007
2000
2013
2010
2016
2013
2010
2007
Outlook Express 6.0 6 - -
但しライト会員はIMAPなし



4.今後のメールをどうするか
 現在の国内の説明状況やよく使われていメールソフトを考慮すると、今後何でメールを扱うかは、各個人の選択となりますが、筆者の場合は、現在のところ、次のようにしようと考えています。

a.現在のメールソフトは、Windows Livemail 2012 と Microsoft Outlook 2010〜2013 及び Windows 10 メールをPOPで使っていて、これを継続しようと考えています。日常使用パソコンは3台で、第一優先はWindows Livemail 2012です。勿論受信メッセージはサーバーに残し、不要メッセージは削除・ごみ箱は空にしています。

b.もし、Windows Livemail 2012 に重大な問題があると判明した場合、第一優先は Microsoft Outlook 2010〜2013 にするつもりです。

c.現在、Windows 10 では「新しいOffice をはじめよう」が標準搭載されています。そこにある「メール」は無料で使えますが、使うとPOP設定であると見受けられるものの、その説明が見あたらないので、しばらく様子を見ることにします。


5.こんなことはやめましょう
 
パソコンは誰でも使うようになっています。多くの人は日常的にメールを使っていますが、未だ困ったこともあります。その例を列挙しておきます。

a.発信者の表示は日本語に
 時々、発信者名の表示がメールアドレスそのものにしている人がおられますが、対外のメールもやり取りしてい場合、外国からのものとして扱ってしまう恐れがあります。漢字などの日本語表記にすべきと思います。

b返信の件名
 返事をしていただくメールを送った場合、その返信の件名は次のようにするのが賢明です。
 
望ましい返信の件名は、Re:その元となる受信メールの件名
 何故なら多くのメールソフトでは、リストの並び順がスレッド表示を「ON」にし、件名で纏めた受信日時順にして管理されることが多いからです。多量のメールを扱っている人は、件名が違っていると、リスト表示では関係のないものと見まちがう恐れがあります。

c.メールに添付してはいけないファイルの拡張子一覧

 メールの基本の一つに、添付ファイルにしてはいけないファイルがあります。うっかりして、添付すると、受信者のマシンで大変な迷惑となります。セキュリティ対策上ではなく、システムトラブル防止のためです。
そのファイルの拡張子は、以下の通りです。要するに、変なものは添付しないで、相手に迷惑をかけないことです。以下のファイルは絶対添付しないようにしましょう。見かけを圧縮ファイルに見せても、現在は全て検出し、受信を拒否します。

a: .ade .adp .app .asp
b: .bas .bat
c: .cer .chm .cmd .com .cpl .crt .csh
e: .exe
f: .fxp
h: .hlp .hta
i: .inf .ins .isp .its
j: .js .jse
k: .ksh
l: .lnk
m: .mad .maf .mag .mam .maq .mar .mas .mat .mau .mav .maw .mda .mdb .mde .mdt .mdw .mdz .msc .msi .msp .mst
o: .ops
p: .pcd .pif .prf .prg .pst
r: .reg
s: .scf .scr .sct .shb .shs
t: .tmp
u: .url
v: .vb .vbe .vbs .vsmacros .vss .vst .vsw
w: .ws .wsc .wsf .wsh