本文へスキップ

KNSのPC相互研修会は、パソコンに関して互いに教え・教わる勉強会です。

〒586-0041 河内長野市

YouTube-チャンネル

2016.7.31;8.23;8.28

 YouTubeで動画を公開するには、まずは自分の「チャンネル」を作成します。チャンネルとは、YouTube上でのあなたのホームページのようなものです。個人名でチャンネルを作成する方法の他に、テーマに合ったタイトルでチャンネルを作成する方法もあります。
 投稿用のチャンネルを設定すると、自分の動画を公開できるようになるのは勿論です。更に、Aさんのチャンネルを閲覧用のチャンネルに登録しているBさんが、投稿用のチャンネルを作成したら、Aさんのマイチャンネルの閲覧用チャンネルリストにBさんのチャンネルが自動的に追加されます。(嫌なら削除も可) この仕組みによって、多くの仲間や同じ関心事のチャンネルが身近になってきます。しかも、同じアカウントであれば、チャンネルの名前が変更されたり、デザインが変わっても自動的に引き継がれます。世界中どこからでも、どんなブラウザーでも使えます。


1.チャンネルを作成する前に
 あなたは既に自分のGoogleアカウントを持っているかもしれません。動画にコメントしたり再生リストを作成するには、自分のGoogleアカウントを持っている必要があるからです。そのアカウントを利用して動画をアップロードすることもできますが、そのアカウントは個人名で登録されているものではないでしょうか? チャンネルを作成する前に、動画を個人名で公開したいのか、それともテーマにあったタイトルで公開したいのかを決めましょう。

2.チャンネルを個人名にするか、それとも?
 YouTubeで新たにチャンネルを作成するには、現在2つの方法があります。
a.個人名(Googleアカウントに登録している名前)でチャンネルを作成する
b.テーマに合った名前(自由な名前、「山田太郎の暮らしと映像」のように名前もテーマも含めたタイトル)でチャンネルを作成する
c.Youtube アカウント(即ちGoogle アカウント)が同じであれば、チャンネル名を変更しても同じチャンネルとして扱われます。


3.チャンネル登録の方法
a.パソコンで YouTube アカウントにログインします。
b.「アップロード」をクリックします。初めてこの操作をしたら、次項のc.が現れます。
 2回目以降は別画面となります。
c.「チャンネル登録」ボタンをクリックすると次図が現れます。


ここで、「チャンネルを作成」をクリックして自分のチャンネルを作成しておきます。チャンネル名はホームページにおけるサイト名、ブログにおけるブログ名のようなものです。
 チャンネル名、カテゴリ等を入力して完了をクリックすることで、新たなYouTubeチャンネルが作成されます。
これでいよいよYouTubeに動画をアップロードする準備が整いました。世界に向けてあなたの作品を投稿する準備ができました。この登録したチャンネルは、YouTube サイトに入ったときの右欄のカテゴリにある「マイチャンネル」のところに表示されます。次図です。下部にアイコンが並んでいますが、これは閲覧用として設定しているチャンネル一覧です。ホームページにおけるリンク集のようなものです。

ここで、「チャンネルアートを追加」のボタンをクリックして進むと、次項4.b.に示すチャンネルアートの設定ができます。

4.チャンネルをデザインする
a.アイコンを確認する
 チャンネルのアイコンを確認します。既存のGoogle+ページと連携した場合はアイコンは既に設定されています。このアイコンを変更するときは、Google+ページのアイコン編集より変更することになります。
 YouTubeのサイトに入ってから、右上隅の人のアイコンをクリックして進んでも、チャンネルアイコンの設定が可能です。このチャンネルアイコンの変更は、変更後少し時間が経ってから表示に反映されます。特にYouTube ログイン後の画面右上のアイコンやGoogleツールバーに表示されるものはかなりの時間を要します。
チャンネルアイコン用のファイルは、次のものであるとヘルプページに記載されています。しかし、あまり厳密に考える必要もないようです。
  ・98 X 98 ピクセルで表示される正方形の画像
  ・800 X 800 ピクセルの画像をアップロードすることをおすすめします
  ・形式は JPG、GIF、BMP、PNG のいずれか(アニメーション GIF は不可)
  ・著名人、ヌード、芸術作品の画像や、著作権で保護されている画像は
    YouTube コミュニティ ガイドライン(http://www.youtube.com/t/community_guidelines)
   に違反するため、アップロードしないでください。


b.チャンネルアートを作成する
 チャンネルアートとは、チャンネルのトップに表示される画像です。そのチャンネルを印象付けるような画像を設定します。チャンネルアートは、PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどYouTubeを閲覧できるデバイスすべてで表示されます。デバイスごとに表示される領域が異なるので、注意が必要です。

YouTubeの 「チャンネル アートの作成または編集」 を参照してください。チャンネルアートのサイズは、パソコン・テレビ・スマホのどれにも適用されるので 2560 X 1440 ピクセルで準備します。チャンネルアイコンは 100x100 ピクセルです。
チャンネルアートは、PC(Desktop)・テレビ(TV)・スマホ(Mobile)等により使用範囲は次図のように変わります。この図はYouTubeサイトの説明にあるものをコピーさせていただきました。留意点は2560 X 1440 ピクセルでアップロードしますが、表示の範囲は変わり、パソコンの場合は、通常中央部の(1546〜2560) X 423 ピクセルになることです。画像の使用範囲のおおよそを予測しておくのが良いと思います。

チャンネルアート用のファイルは、次のものであるとヘルプページに記載されています。しかし、その値を充足すればよいと考えてよいようです。
  ・2560 x 1440 ピクセルの単一画像
  ・形式は JPG、GIF、BMP、PNG のいずれか(アニメーション GIF は不可)
  ・画像はさまざまなデバイスに合わせて、トリミングや拡大/縮小されます
  ・サイズは Retina ディスプレイに合わせて 2 倍になっています
 パソコンでのバナー
  ・ブラウザ ウィンドウのデフォルト サイズ: 1546 X 423 ピクセル(「安全領域」)
  ・ブラウザに合わせて 2560 X 423 ピクセルまで拡大
 パソコンで表示されるホバーカード
  ・パソコンでのバナーの安全領域を縮小: 1280 X 350 ピクセル
 テレビに表示されるチャンネル アート
  ・2560 X 1440 ピクセル画像全体を使用
 携帯電話とタブレットに表示されるバナー
  ・パソコンに表示されるバナーの安全領域を常に使用: 1546 X 423 ピクセル
  ・デバイスの画面サイズによっては、アップロードされている画像の安全領域と連続したピクセルを使用して
   チャンネル アートが拡大されることがあります

チャンネルアイコンとチャンネルアートを設定した例は次図です。

ここまで準備できたら、動画の準備・編集・投稿と進むことになります。

設定していたチャンネルアイコンやチャンネルアートを変更するには、マイチャンネルの次図で

チャンネルアイコン又はチャンネルアートにマウスポインターをもっていくと、編集ツール(ペンのような絵)が出ますので、それをクリックして変更作業を進めます。

5.チャンネルのレイアウトのカスタマイズ
 自分のチャンネルを閲覧している人に、全体が一挙に表示されるのではなく、

この図のように、「ホーム」「動画」「再生リスト」「チャンネル」「概要」のタブを表示させて夫々を表示させたい場合は、以下のように設定します。

a.Youtube にアクセスし、「マイチャンネル」を表示させると、チャンネルアートの右下に

歯車の絵がありますので、それをクリックします。

b.チャンネル設定
次の「チャンネル設定」の図が現れますので、「チャンネルのレイアウトをカスタマイズ」の欄で、

右にスライド設定ボタンがあります。これをドラッグして右(即ちON)にし、

c.保存
次いで

この画面で、保存をクリックすれば、設定は完了です。
この設定にすると、「チャンネル登録車」向けと「新規の訪問者」向けの表示は異なるものになります。それぞれどのように見えるかは、投稿チャンネル管理者には見えます。表示内容の編集もできます。

ここの「チャンネル登録者向け」又は「新規の訪問者向け」で切り替わります。
元に戻したい場合は設定ボタンを「OFF」にすると元の表示に戻ります。


更に、チャンネルのレイアウトに「フリートーク」を追加したい場合は、上述の「チャンネルのレイアウトをカスタマイズ」して保存後、もう一度「チャンネル設定」に入ると、次図のように

「フリートークタブを表示する」項目が表示されてきます。これを「ON」にすればフリートークタブが表示されるようになります。


6.投稿用でなく閲覧用のチャンネルとは
 (「YouTube-閲覧」に記載しています)
 上記1〜4は、動画を投稿するためのチャンネルで、YouTube サイトでは、左欄のカテゴリー表示で「マイチャンネル」と書かれていますが、もう一つ「チャンネル」と書かれているものがあります。これは閲覧時に使うもので、Internet ExplorerやEdge での「お気に入り」、又はChromeでの「ブックマーク」のようなものです。