本文へスキップ

KNSのPC相互研修会は、パソコンに関して互いに教え・教わる勉強会です。

〒586-0041 河内長野市

YouTube-はじめに

2016.7.20;8.30

 現在は文字よりも映像(動画)が分かり易いこともあり、インターネット上でも多用されるようになっています。YouTubeは現在世界最大の動画サイトです。投稿されている数多くの動画を閲覧するだけではなく、お気に入りの動画リストを作ったり他の人が投稿した動画の評価をしたり、さらには自分が撮影・作成した動画を投稿し、世界中の人々に公開することもできます。
 Youtubeとは米YouTube社が運営する動画共有サービスです。2005年2月にサービスが開始されました。2006年にグーグル社に買収されました。無料で利用できます。もともとは個人が撮影・作成した面白い映像を共有して楽しむために作られたサービスですが、テレビやDVDなどから集めた映像が、著作権に違反した形で公開されたことも多く、問題でした。最近は、映像の著作者側から削除要請があればすぐに削除が行われますが、利用者がすぐに再アップロードを行うため、まだ注意が必要です。一方で、最近はYouTubeに対する注目度を重視し、プロモーションビデオやCMビデオを公開するなど、商業的に利用する動きも広まってきています。

 このページではYouTubeについて最初に知っておくべき事柄について説明しています。YouTubeの仕組みは、ときには変更が行われます。しかし、すぐに慣れることができると思います。


1.YouTubeへのアクセス
 Youtubeはパソコンからだけではなく、タブレット・スマホ・テレビ(Youtube閲覧機能付き、又はその接続機能を準備されたもの)で世界中でアクセスできます。このページでは、パソコンからのアクセスを説明しています。
 YouTubeを利用するためにはまずYouTubeのホームページへアクセスする必要があります。ここではまずYouTubeのURLの紹介です。
 YouTubeが提供しているサービスを利用するにはブラウザから下記のURLへアクセスして下さい。
 https://www.youtube.com/
ブラウザーとしてInternet Explorer を使い、Google ツールバーを使用している場合は、そのツールバーにある

をクリックしても、アクセスできます。
なお、YouTubeの使い方については、YouTubeの「ヘルプセンター」で詳しく説明されていますが、最初は少し難しく感じられますので、このページで分かり易く説明しているつもりです。
 YouTubeを閲覧するブラウザーは、Internet Explorer、Chrome、Edgeなどどれでも対応しています。アクセスすると次図のような画面となります。(ブラウザーの表示画面横サイズを小さくすると、左欄(カテゴリー表示欄)は表示されません。広くすると表示されます)なお、中国ではYouTubeは閲覧できません。

この左欄(カテゴリー表示欄)では、ホーム・急上昇・音楽・スポーツ・ゲーム・映画・・・・のメニューがあり、特に検索文字列を入力しなくても該当する動画のリストが右側の広い部分に表示され、見たいものをクリックするとその動画を閲覧できるようになっています。
上図はログインしていない場合の表示で、このページ下部の4.で説明しているYouTubeにログインしている時は、次図のように表示され、左のカテゴリー表示の上の方に「ホーム」「マイチャンネル」「急上昇」「登録チャンネル」「履歴」「後で見る」が表示されてきます。


2.言語の指定
検索や閲覧する際の言語の指定は、以下の通りです。
YouTube では、どのページにおいても、ページの一番下に次のような表示があります。
その内の言語:日本語(或いは、Language:English、Language:English(UK)、Sprache:Deutschなど)と、今までに指定していた使用言語が表示されます。


この言語を変更するには、その右にある小さい三角のボタンをクリックすると、次図が表示されて変更できます。

日本語にしたい場合は、一番右欄の下から2番目にある「日本語」をクリックすると指定されて、いつでも日本語になっています。この表示は他言語でも同じです。知らない言語に指定してしまっても同様の操作で知っている言語に指定することができます。

ここで余談
動画をいろんな言語で検索すると結構おもしろいものです。その際に、文字列の翻訳に使えるストアアプリを紹介しておきます。以前に、「エキサイト翻訳」のストアアプリを紹介しましたが、次のものは言語対象が多いです。それはMicrosoft が提供する無料の「翻訳」です。ストアで「翻訳」として検索すると、

が見つかります。これをインストールして使った例は次表です。
日本語 英語 ドイツ語 フランス語
Dog Hunt Chien
Cat Katze Chat
バラ Roses Rosen Roses
すみれ Sumire Sumire Sumire
これらの語句をその該当言語で検索すると違いと類似が面白いです。
なお、このアプリはかなりの長文でも短時間で翻訳し、かつ音声読み上げや音声入力にも対応しています。


3.表示する地域の指定
 上記の言語の指定のほかに、表示する地域の指定ができるようになっています。即ち国:日本(或いは、国:指定なし、国:イギリス、国:ドイツ、Country:Germanyなど)と表示されています。
この表示地域を変更するには、その右にある小さい三角のボタンをクリックすると、次図が表示されて変更できます。


日本にしたい場合は、一番右欄の最下部にある「日本」をクリックすると、いつも日本が指定されています。

4.YouTubeへのログインとログアウト
 YouTube へログインすると、次のようなメリットとデメリットがあります。

4.1メリット
a.コメント投稿可能に
 YouTube動画にコメントできます。コメントとアカウントは紐付けられるから、YouTubeに完全匿名でコメントはできなくなっていいます。これはコメントでの誹謗中傷や荒らしを減らすために、ある程度は役に立っているようです。

b.動画を評価可能に
 動画に評価をつけるのにも、アカウントが必要です。

c.動画の視聴履歴が残るように
 ネットで調べ物をしていてたまたま見つけたり、Twitterなどで流れてきた動画を一度開いたけど、長いから後で見ようと思った時などに、視聴履歴が残っていると簡単に探せて便利です。

d.動画をお気に入り登録可能に
 YouTubeのサイト内だけで、動画をお気に入り登録すれば、後でまた見たい時に、簡単にアクセスできるようになります。YouTubeだけに特化したお気に入り動画集も作れます。それをYouTube内で公開することも可能です。ブラウザのお気に入りを使うより、使いやすいでしょう。YouTubeではお気に入りとの言葉でなく「後で見る」と記載しています。

e.再生リストを作成・利用可能に
 再生リスト機能を使うと、お気に入りの動画を集めて、連続再生できます。BGMや音楽プレイヤーのように使うことが可能です。自分が投稿した動画を集めた再生リストを作って、多くの人に動画を見てもらいやすくする使い方もあります。

f.年齢制限付き動画も見れるように
 YouTube動画の中には、削除されるほどではないけど、未成年にはふさわしくない・年齢制限付きの動画もいくつかあります。そういう動画を見るには、プロフィールの年齢が成人になっているアカウントで、YouTubeにログインしないと閲覧できません。

g.動画の投稿が可能に
 ログイン無しで、完全匿名で動画投稿できません。

h.コミュニティ(チャンネル)の作成が可能に
 これも動画投稿と同じです。


4.2デメリット
a.個人情報が広まる可能性がある。
 YouTubeにログインするには、Google+のアカウントが必要で、Google+を本名で登録していて、そのアカウントでYouTubeにログインしていて、公開設定を初期設定のままにしていたら、お気に入りの動画・コメント・評価した動画が、
他の人にも丸わかりになる可能性があります。どんな動画見てたのか、人に知られたくないならば、設定を変更して、お気に入りなどを非公開にすることです。

b.手間がかかる
 Google+アカウントを作るには、メールアドレスを作成したり、電話番号を入力する必要がある。ネットに慣れてる人なら簡単にできることですが、慣れてないとちょっと面倒です。しかし、YouTubeをよく見るならば、ログインせずに見ない方が、総合的に色々と面倒なことになりそうです。

c.YouTubeにハマりすぎる可能性がある
 YouTubeが便利で見やすので、つい面白い動画を多く見てしまうおそれがあります。座ったまま長時間いることは、健康上よくないと思われます。


4.3YouTubeへのログイン
a.Google アカウントを登録(取得)する
 予め、Google アカウントを取得しておきます。そのためには、次のどちらかかで登録します。
a1.Google アカウントの作成 のサイトへアクセスして、

ここに、必要事項を記入して「次のステップ」へ進み、画面に従って登録してもよいし、

a2.或いは、YouTubeサイトを閲覧した状態で、右上にある

初めてクリックしたときは、Googleのアカウント入力をもとめてきますので、どちらでも登録可能です。

メールアドレスを入力し、

ここで、「次のステップ」へ進むと、次図のように入力したメールアドレスの確認を求めてきます。

指定したメールアドレスで受信すると、次図のようなメールが届きます。

このメールに示されているURLを見に行って、確認できたら、登録の完了です。

b.Google アカウントで YouTube を利用する
 YouTube にログインするには、Google アカウントが必要です。Google アカウントは、すべての Google のサービス(例: Gmail、Blogger、マップ、YouTube、その他)でご利用できます。
これらのサービスを利用したことがある場合、Google アカウントは既に作成されています。ログインするには、これらのサービスで使用したメールアドレスとパスワードを入力します。
Youtube へログインするには、YouTube サイトを閲覧した状態で、右上に

ある「ログイン」をクリックし、

この画面で、ID(予め設定したメールアドレス)とパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックして行います。既にログインしているときの右上は

と表示されています。


Google アカウントと YouTube に関する注意事項は次の通りです。

b1.別の Google のサービスで Google アカウントにログインしてから YouTube にアクセスしたときに自動的にログインした状態になります。

b2.Google アカウントを削除すると、YouTube のデータも削除されるため、すべての動画、コメント、チャンネル登録が削除されます。Google アカウントを削除するには、YouTube を含むすべての Google サービスが完全に削除されることに同意する必要があります。


4.4YouTubeのログアウト
 画面右上隅にある

小さい画像をクリックして現れる「ログアウト」をクリックします。

5.Google アカウントの削除
 Google アカウントを削除したい場合は、次のサイトのページをご覧ください。
 Google アカウントを削除する
 (Google のサイトです)

6.制限付きモードのオン/オフ

 これをオンにすると、完璧ではありませんが、コミュニティによる報告、年齢制限、その他の情報を使用して不適切なコンテンツを特定し除外します。制限付きモードは特定のブラウザや端末に対して有効になるため、お使いのパソコンで使用するブラウザごとに有効にしておく必要があります。複数のプロフィールをサポートするブラウザでは、プロフィールごとに有効にする必要があります。
 制限付きモードを一度有効にすると、ログインしているかどうかにかかわらず有効のままになります。また、別のユーザーが別の YouTube アカウントでログインした場合でも有効なままになります。制限付きモードがロックされている YouTube アカウントでログインしたままでいると、同じパソコンの別のユーザーによって設定が変更されることがあります。ロックの設定が変更されないようにするには、制限付きモードが有効になっているアカウントからログアウトしておく必要があります。
制限付きモードを利用できる言語:
 制限付きモードはすべての言語で利用できます。ただし、その品質や文化的な感受性は様々なレベルで異なります。


KNSのPC相互研修会

〒586-0041
河内長野市




















YouTubeの「ヘルプセンター

ほくらのハウツーノート
 YouTubeの使い方







































































































































































































































































動画で説明
Youtubeアカウント作成方法